【壱岐焼酎】有限会社山の守酒造

kura_02かめ仕込み「山乃守」は壱岐のなかで最も古い明治32年(1899年)から続く蔵元です。かめ仕込み「山乃守」の原料は米麹と大麦、そして壱岐の地下水です。山乃守は創業以来百有余年の歴史と技を活かし、米麹1/3と大麦2/3を、一次および二次ともに「かめ」に仕込んでいます。そして充分香りが引き立つようにその醪を一釜毎に常圧蒸留し、品質的にも安定し、香味の優れている部分を採り、貯蔵熟成させます。 創業時と変わらないカメ仕込みによる手造りは「山乃守」に深い味わいを醸し出してくれます。平成24度福岡国税局 酒類鑑評会 本格焼酎の部に於いて2年連続で「金賞」を受賞しました。hp

 

 

morimasa_248 yamanomori900_248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です