【壱岐焼酎】重家酒造株式会社

kura_04九州の北部の玄界灘に浮かぶ小さな島壱岐の南東に、重家酒造があります。重家(おもや)の名前の由来は、その昔酒造元を重家と呼んでいたものをそのまま社名にしたものです。 初代確蔵が大正13年に創業して以来今もなおこしきで原料となる米と麦を蒸し、室で麹を造り、かめで仕込んだ手造り焼酎を続けています。 原料となる米、麦は、壱岐産の原料を90%以上使い、それ以外も長崎県産のものを使用、地産にこだわっています。 また伝統を守るだけでなく、新しい壱岐焼酎を醸すべく日々努力を続けています。hp

 

 

sessyu_248 suguri_248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です